絹古彩(1)

絹の光沢に溶け込んだ彩り――見る角度や光によって、渋さと粋さが交錯します。
私ども『伝統芸術を着る会』には毎日のように、作務衣をご愛用の皆様からお便りが届きます。
あたたかい励ましの言葉からお叱りの言葉までさまざまです。また、とても参考になるご提案やご要望もかなりの数にのぼります。
これまでも、キルト作務衣や利休茶作務衣などの開発は、皆様の声が大きなヒントとなり完成いたしました。
そして今回、やはり皆様の強いご要望に応えるべく開発したのが、ここにご紹介する<絹古彩>シリーズなのです。
どんな色にも容易に染まる絹素材!
高級素材の作務衣に彩りを――このご要望は以前よりかなりの数にのぼっていました。当会としても、英断した正絹作務衣の開発と利休茶作務衣の復元の成功により、次に成すべきは何かを探っていましたので、タイミングはピッタリ。早速、開発の緒につきました。
素材は最高級の正絹。これはすぐに決まりました。
その理由は、絹という素材は、どんな染料にも容易に染まり、内部からの反射光が表面に透過して鮮明度の高い発色が得られるという性質を持っているからです。
つまり、微妙な色合いが出せるということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です