正絹作務衣 媚茶(しょうけんさむえ こびちゃ)

江戸時代後期に流行した優美で粋な彩り
ちょっと遊び心が欲しい。品を崩すことなく粋な感覚。
絹の輝きがちょっかいを出してきてこの彩りの変化はたまらない。
少し黄色味を帯びた暗い灰黄赤色。この色は、粋な色として江戸後期に大流行した彩りです。
正絹の優美さが、粋な彩りをさらに増してくれるこの「媚茶」は、品を崩すことなく遊び心感覚で作務衣を着こなしたい、という方にぴったりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です