正絹作務衣 鳩羽鼠(しょうけんさむえ はとばねずみ)

鳩の羽根を偲ばせる渋さと若さを備えた彩り
やっぱり渋さはすてがたい。それでいてこの“つや”は何だろう。
両手を広げて鳩の真似――この彩りは心を豊かにする。
わずかに紫がかった灰色。文字通り“鳩”の羽を偲ばせる色です。鼠色の中でも渋さと艶が微妙に交錯する実に感覚的な彩りと言えましょう。
抑えた感じの着こなしから、見る人をハッとさせる鮮やかさ――まさに正絹作務衣ならではの歓びです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です