正絹作務衣 鉄紺(しょうけんさむえ てっこん)

絹の光沢がかもし出す気品に溢れた奥深い色合いは、まさに古彩。
正絹作務衣“絹古彩”シリーズの新作は、写真のように藍の色です。先に“茶”と“鼠”の彩りを開発しましたが、作務衣の基本色である“藍”系の彩りの人気は根強く、要望も殺到したために、今回の新作として開発いたしました。
ご覧のように、少し緑がかり、見る角度や光線の具合で微妙な変化を見せる色。その気品と奥深い色合いから「鉄紺」と名付けました。
絹の光沢と溶け合い、まさに古彩と呼ぶにふさわしい色合いで正絹作務衣の醍醐味が楽しめます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です