正絹羽二重作務衣 光帝

追随を許さないその雅な光沢
“羽二重”と云えば、江戸妻、紋付き、燕尾服などの第一礼服として用いられ、気高い格調をその輝きに秘められた素材。
この一着は、その素晴らしい光沢と、滑るような正絹の感触を存分に愉しめる、いわば“絹の帝”とも呼ぶべき、当会のこれまでにない革新の一着です。
羽二重の光沢を愉しむということは、その生地に秘められた栄光と賞賛を愉しむということ。そこで、その格調高く美しい光の世界を、より堪能できるよう、意匠も奇をてらうことは避け、作務衣の基本に忠実に従いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です